スーッと惹き込まれるような魅惑の目元|二重の美しいフェイスを実現

綺麗になるための方法

注射

一昔前まで、整形というと非常に高額で大きな手術が必要というイメージだったのではないでしょうか。最近では、プチ整形という言葉があったり、韓国で整形が普通に行われていたりしたことなどから整形に対してのイメージが変わりつつあります。 特に、女性にとって大きく美しい瞳は憧れであり、二重の整形をする人が増加しています。二重整形には、埋没法や切開法などがありますが、特に埋没法が人気です。 埋没法は、瞼の裏側から糸を埋め込み、筋肉とまぶたを固定して裏側から引っ張ることで、二重のラインを作ります。そのため、メスで大きく切開する必要がなく、メスによる手術が不安な人から人気があります。簡単な方法なので、10分程度の短時間で手術が終わります。手術後は、糸を留める数によって変わってきますが、数日から数週間で腫れや赤みがひいてきます。腫れがある時は、目元を軽く冷やしたり、眼鏡をかけたりしながら乗り切りましょう。 また、埋没法の場合は糸で留めてあるだけなので、手術後に気に入らなかったりもっと二重を大きくしたいと思った場合には、元に戻したりやり直しがきく場合もあるのでその点も人気があります。費用も比較的安いため、初めて二重整形をしたいという場合に取りかかりやすい方法です。

二重整形は上記のような理由で人気が高まっていますが、費用はいくら位かかるのでしょうか。一般的に埋没法の場合は、糸を留める数によって値段が大きく変動しますが、大体5万円から10万円程度です。比較的安い方法とはいえ、できるならもっと費用を抑えたいものです。 費用を抑える方法の一つ目は、学割です。クリニックによっては、学生証を提示すれば学割価格で施術してもらえるというところがあります。また、クリニックを利用したことのある人からの紹介で施術を受けると、割引が受けられるところもあります。その場合、紹介者も一緒に割引を受けられる場合もあるのでチェックしてみて下さい。その他には、新規オープンなどのお店のイベントで割引をしている場合もあります。これはタイミングが重要なので、日頃からクリニックの情報をチェックしておくと良いでしょう。また、裏技的な方法として、クリニックが募集しているモニターに応募すると格安で施術が受けられる場合があります。これは、施術前と施術後の二重の写真をホームページに掲載したり、雑誌やテレビなどに出たりすることなどの条件付きです。これらに抵抗のない人は、モニターが最も費用を抑えられる方法です。 ここで注意することは、費用の安さばかりに惑わされずに、きちんと実績があり、安心できるクリニックを選ぶことです。