スーッと惹き込まれるような魅惑の目元|二重の美しいフェイスを実現

目を大きく見せる効果

鏡を見る婦人

若い世代に求められる魅力

目を二重にする美容整形は、若い世代には特に人気があります。二重にすると目がはっきりと大きく見えるため、一重や奥二重の人でも憧れを持ちます。美容整形を受けることでその二重の状態を長く維持することが出来るので、多くの人に支持されています。化粧品でも二重にすることは可能ですが、忙しい毎日の中で続けて行なうのが難しい人もいます。それを考えると、美容整形での二重が安全で効果も高いので人気となっています。化粧品を使う手間も減りますし、見た目も自然な印象になれます。二重の美容整形が人気の理由は他にもあります。それはメスを使わないプチ整形が行われているため、抵抗を感じていた人でも受けやすくなったことです。二重のプチ整形では埋没法と言われ、メスを使わずに糸を使って二重にしていきます。糸は術後に抜糸する必要もなく、違和感のない自然な印象になれるところが埋没法の魅力です。メスを使った切開法と比べれば効果は長く続きませんが、それでも簡単に理想に近づけて費用も安いので人気は絶えません。術後の腫れもほとんどないため、学校や会社を長く休む必要もなく、自然体の魅力ある目が実現できます。これなら若い人でも気軽に美容整形が受けられ、美しさとかわいさを同時に得ることができます。

特徴から選ぶ

二重にする方法では、基本的に切開法と埋没法にわかれます。切開法では、文字通りメスを使ってまぶたを二重にしていきます。それに対して埋没法はメスを使いませんがそれぞれに特徴があり、そこから選んでいけるようになっています。切開法では部分麻酔で手術が行われ、まぶたのラインに沿って切開してから癖をつけるために縫合していきます。術後は腫れが目立ちますが、少しずつ治まるようになるので心配はいりません。術後1週間以内に抜糸を行い、そこからメイクをしても問題のない状態になります。しかし、術後はデリケートな状態となっているため、目の周りは特に慎重に扱わなければいけません。切開法のメリットは、効果が半永久的に続くことです。また、事前に二重の幅を希望していくこともでき、理想の目の形に近づけます。まぶたが腫れぼったい場合は余分な部分を切除していく方法も行われるので、スッキリとした目が手に入ります。反対に埋没法では抵抗感の少ないメリットがあり、効果は2〜3年ほどしか続きませんが、もとの状態に戻したい場合にはちょうどいい効果です。自然な見た目が特徴となるので周りに気づかれにくい、違和感のない目元になれます。切開法も埋没法もどちらも目が大きく見える効果は間違いありませんが、どちらが自分に向いているかを検討してみるのが大事です。