スーッと惹き込まれるような魅惑の目元|二重の美しいフェイスを実現

大きな目元

先生

腫れをなるべく抑えること

二重の整形は、美容整形で最も人気があり多くの人が治療を受ける施術メニューとなっています。一重の人や二重でも上まぶたが覆っているような状態ではっきりとしない二重などの場合に、ぱっちりとした目元にすることが出来ます。目元の印象が良くなることで、顔全体の雰囲気も変わり顔立ちがはっきりして整うと考えられています。目元のコンプレックスを解消しコミュニケーションも円滑にできるため、様々な方に人気の施術と言えるでしょう。しかし、患部が目元なので、施術を受けたことがバレやすいという点もあります。特に術後2〜3日程度は、目蓋の部分が赤く腫れてしまうため異変に気付かれやすくなってしまいます。そのため、二重の整形を受ける際には、出来るだけ連休の前日などまとまった休みが取れるタイミングで施術を受けると良いです。また、、術後はセルフケアをしっかりと行うことが大切になります。体を動かすと血流が良くなるので、術後は出来るだけ安静にして過ごし横になる時は頭が低くならないように少し枕を高くすると良いと言われています。腫れが酷い時は、出来る限り温めないようにして少し冷やすようにしますが冷やしすぎても回復が遅くなるので適度に冷やすようにすることが大切になります。

埋没法が選ばれやすい

二重の整形には色々な方法がありますが、その中でも特に埋没法が多くの人に選ばれています。埋没法というのは、皮膚を切開せずに専用の針と糸を使って二重を形成する方法になります。使う糸は、髪の毛よりも細い糸でありまぶたの内側から縫うので外側に傷跡が出来ることがなく手軽に受けられる治療法として人気となっています。施術は短時間で済むことが多く、切開して二重を作る方法と違い腫れも少なく回復するまでにかかる時間も短いと考えられています。また、切開すると後でやり直しをするのが難しくなりますが埋没法であれば将来的に修正をすることも可能になるので年齢を重ねてから二重の幅やデザインを少し変えたいという時も簡単に変えることが出来ます。埋没法は、そのまぶたによって留める糸の数が少し変わってきます。まぶたが薄く脂肪が少ない場合はその分留める糸も少なく、厚く脂肪がある場合は留める糸も多くなります。自分のまぶたがどんな治療法に適しているのかをよく医師と相談し合い、希望の仕上がりにより近い治療法を選択することが大事です。整形で二重にすることで、自分に自信が持てるようになり美容やファッションもより楽しむことが出来るようになると言われています。